衣装選びはいつから始めたらいいのか

衣装選びは、結婚が決まったときに始めましょう。なぜなら、人気がある衣装は早いもの勝ちだからです。結婚式をしたい日程を逆算して遅くても約半年前には動き出す必要があります。衣装の中には一年前から予約が埋まっているものもあるので、早く動くことが自分の着たい衣装に出会える確率を上げます。

他にも、ドレスショップは一回の予約で着られる衣装の数が決まっている上に、予約がなかなか取れないため早く動き出すことが重要といえます。衣装を最終的に決定するのは、挙式の約3か月前までがベストです。なぜなら、招待状を出すなど結婚式に向けた準備が始まるからです。自分の着たい衣装に出会えるよう、結婚を考え始めたときからどんな衣装がいいかリサーチしておくとスムーズに進むのではないでしょうか。

どうやって衣装を探したらいいのか

衣装選びと並行して式場を探すとよいでしょう。なぜなら、式場には提携のドレスショップがあるからです。そこで衣装を選んだ場合、持ち込み料や保管料がプランに含まれています。また式場のイメージに合った衣装が見つけやすいです。しかし、気に入る衣装がなかったり、気に入ったけれど予算より高くて決められない場合もあります。

着たい衣装が決まっている人や式場と連携したお店で衣装を見つけられなかった人は、他のお店でレンタルや購入したものを持ち込むこともできます。しかし、式場によっては持ち込みができない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。また持ち込み料や保管料がかかるため、衣装の値段にそれらの料金を加算した総額で決めないと、予算をオーバーしてしまう恐れがあります。

これらのことを参考に、結婚式当日をいい思い出にできるような衣装選びをしましょう。

赤坂の結婚式場なら、駅直結とは思えないオアシスのような白亜の邸宅があります。そこでは、専属プロデューサーが式当日までフルサポートしてくれます。