一台で冷水も熱湯も使える

蛇口から出てくる水は水道局から送られてくるので常温の状態です。冬は非常に冷たいときもあり夏にはお湯と思うぐらいの水温になっていたりもします。生活の中では冷たい水や熱湯が欲しいときがあり、冷たい水なら冷蔵庫で水を冷やし熱湯なら沸かすなどが必要でした。この両方を一台で行ってくれるのがウォーターサーバーで、使い始めるとその便利さに驚くかもしれません。冷たい水を飲みたいときはすぐに飲みたいときがあり、冷蔵庫しかなければ冷蔵庫を開けたり入れ物から注ぐなどの作業が必要です。でもウォーターサーバーならボタンなどを押すだけで冷水がどんどん出てきてくれます。熱湯を使ってお茶などを淹れるときも、ウォーターサーバーなら沸かす手間なくすぐに淹れられて便利です。

それぞれの家庭に合ったものを選ぶ

ウォーターサーバーを設置すると簡単に冷水や温水が使えるようになり生活も楽になります。ただ安易に設置を決めると本体が届いてから置き場所に困ったりもするようです。大きさや機能が業者によって異なるので、利用を決めたなら業者の比較をした方がいいでしょう。家族が多いなら水の利用も多くなるので床置きタイプが良さそうです。小さい子供がいるなら誤って熱湯を出さないようチャイルドロック機能がついているものを選びましょう。一人暮らしや夫婦だけならコンパクトなタイプを選んでも良いでしょう。女性の一人暮らしだとタンクの設置が大変になるときもあるので、タンクの交換がそれほど大変でない仕組みのウォーターサーバーを選ばないといけません。

ウォーターサーバーは、温水冷水を供給する機器です。販売されている水は、逆浸透膜で余分な成分を除去したRO水と、水源から採水した天然水を利用した水を選べます。